ジャージのゼルダのネタ動画

自分の人生や考え方・ゼルダの伝説の記事を書いております。

克服できない欠点は諦めよう

 

f:id:D7dZo181:20220113220601j:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです

 

今回は「克服できない欠点は諦めよう

 

といったテーマでお話ししていきます。

 

結論から言うと、

 

欠点にも種類がありますが、克服できない欠点は素直に諦めましょう

 

経験談を元に話すので、興味がある人は読んでみてください。

 

f:id:D7dZo181:20220113220701j:plain

 

欠点にはこの2種類あると考えています。

 

できないと思い込み何もしない欠点

 

やってみたけれども克服できなかった欠点

 

まずは「やってみたけれども克服できなかった欠点」の話をします。

 

学生時代ギターに憧れた時期があり、

 

お小遣いをためギターを購入し練習しました。

 

しかし、この時音楽が一番苦手だった事を忘れており

 

「あること」気づいていませんでした。

 

ギターに触れるも指が動かず…

 

チューニングも出来ず…

 

参考動画を見ても分からず…

 

この時やっと「あること」を思い出しました。

 

小学生時代、リコーダーもふけず先生から怒られた記憶が鮮明に蘇り、

 

自分には「音楽のセンスが壊滅的に無いこと」を思い出し、

 

そっとギターを壁にかけました。

 

それからしばらくして…ギターを弾く事はできずに終わり、

 

そのギターは学生時代の友人に譲りました。

 

何度も楽器を弾けるようになりたいと思い、

 

ベース・ドラム・トライアングルに触れてみましたが…

 

全てできずに終わり、音楽を克服する事はできずに終わりました。泣

 

f:id:D7dZo181:20220113222216j:plain

 

ですが、自分でできないと決めつけ何もしないことは、

 

非常にもったいない事です。

 

「一度も挑戦した事がない」

 

つまり、

 

挑戦する事で「大きなチャンスを得られるかもしれません」

 

挑戦する事で「大きな才能を見つけられるかもしれません」

 

挑戦する事で「新たな自分に気づけるかもしれません」

 

もし、挑戦した際に失敗しても大丈夫です。

 

一歩前に進めたのだから、

 

全然恥ずかしことではないです。

 

僕は、人前で話すことが苦手だと思い込んでいました。

 

しかし、学生時代に給食の校内放送をしなければいけなかった際、

 

献立の漢字が読めず「たつたあげ」を「りゅうたあげ」と呼び、

 

校内の笑いものにされた事がありました。

 

しばらくの間、名前が「りゅうたあげ君」になり、

 

先生、先輩、同級生からもいじられ本当に恥ずかしかったです。

 

この件があってから、

 

先生から「お前は人前で話す役に向いている」

 

クラスメイトから「学級委員前になってみんなの前で話してくれ」

 

と言われ、

 

「絶対いやです!」

 

と叫びましたが、

 

集団圧力により逃げれず、こうして必要以上に人前で話す機会が増えました…

 

それ以来、人前で話す事はそんなに苦ではない事に気づき、

 

「みんなから馬頭されたり、けなされたどいい経験になったな」

 

と今は思います。

 

f:id:D7dZo181:20220113224249j:plain

 

このように「できないと思い込み何もしない欠点」は、

 

なくしていきましょう。

 

「実際にやってみたけど自分に向いていなかった」

 

という実体験を得られたなら、

 

それは大切な学びなので良い気づきと思います。

 

そして、人によって必ず「向き不向」きがあります。

 

音楽が壊滅的に苦手である僕のように、

 

不向きなことを克服するよりも、それ以外の事に挑戦し、

 

自分の得意な事・好きな事を見つそれらをけ伸ばしていきましょう。

 

まずは、自分の欠点に気付き、

 

克服できそうな事は克服して、

 

克服できない事は素直に諦めましょう。

 

おしまい

 

f:id:D7dZo181:20220113224805j:plain


まとめ

 

克服できない欠点は素直に諦めましょう

 

 

わての動画もみてね~

www.youtube.com

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com