ジャージおじさんのブログ

自分の人生や考え方・ゼルダの伝説の記事を書いております。

2020年10月6日 自分の人生が変わった日

 

f:id:D7dZo181:20210508141819j:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです。

 

2020年10月6日自分の人生が変わった日」といった自分語りのお話しをします。

 

すみませんが結論はありません…

 

これは全て自業自得であり、実際にあった経験談を元に話すので、

 

興味がある方はぜひ読んでください。

 

f:id:D7dZo181:20210508142028j:plain

 

2020年9月30日

 

設備設計の仕事が辛すぎて、

 

社長に「仕事を辞めます」と伝えた。

 

辞めようと思った理由はいくつかあった。

 

・業務で分からない個所があった際、聞いても怒られ聞かなくても怒られる

 環境が嫌だった

 

・残業する事が当たり前と思う環境が嫌だった

 

・休みの日も仕事をするのが偉いという風潮が嫌いだった

 

・電車に乗ると発汗・動機・胃の痛みが止まらなかった

 

・家族経営の会社だったため仕事をやりにくかった

 

他にもいくつかあるが、この会社ではやっていけないと思い退職を伝えるも、

 

考え直せと社長には止められた。

 

正直この会社に残り続ける事で精神的に追い詰められ、

 

間違いなく病気になる自身があった。笑

 

退職代行を使おうとも考えたが、はやり自分の口から言わなければならないという、

 

謎のプライドがあった。

 

f:id:D7dZo181:20211005232359j:plain

 

2020年10月4日 

 

あまりにも仕事が辛いため家族に相談…

 

頂いた言葉の数々…

 

・やめたらどうするの

 

・お金はどうするの

 

・ せっかく決まった仕事でしょ もう少し頑張れ

・根性が足りない

 

・車のローンは?

 

話を聞いてくれると思った自分が馬鹿だった。

 

求めていた言葉は来なかったが、求めていない言葉はたくさん頂いた。

 

頭の中が真っ白になり、何も考える事が出来なかった。

 

体は疲れていたが、床に就くもきちんと睡眠をとることができなかった。

 

f:id:D7dZo181:20201217144335j:plain

 

10月5日

 

何度も社長と話した結果…仕事を辞めた。

 

どうやって辞めたか…これがはっきりとは覚えていない。

 

8時間働くつもりでいたが、 社長の奥さんから、

 

「もう職員じゃないから帰りなさい」と言われ職場を去った。 笑

 

正直何を言われてもどうでもよかったが、

 

副社長だけは今後の自分を応援してくれた。

 

仕事を辞めた帰りに駅のホームのゴミ箱に、

 

設備設計で使った筆記用具を捨てた。

 

昼過ぎだったので家には帰らず、本屋さんで時間を潰した。

 

しかし、好きな本に触れているのに、

 

時間が過ぎていくのがとてもゆっくりに感じた。

 

夕方に公園にたちより、高校の友達に仕事を辞めたとLINE 送った。

 

みんな心配してくれた。

 

電話をくれた。

 

「よくやった」

 

「お疲れ様」

 

youtubeがんばれよ!」

 

「別の資格あるからそっちに戻ってもいい」

 

嬉しくて公園のベンチで泣いた 。

 

なんでこんなに涙があふれ出るのか分からなかった。

 

ベンチの隣に座っていた「コロコロコミック」のページが風でめくれていた。

 

そして夜に家に帰った…

 

f:id:D7dZo181:20201118090225j:plain

 

10月6日

 

もう仕事に行かなくていいが、 

 

家族には仕事辞めたこと伝えていない。

 

夜まで時間を潰そうと思い、マックにパソコンを持って行き

 

動画編集をした。

 

今と比べると登録者は少く収益なんてなかったが…

 

初期からずっと応援してくださる人たちがいたので、

 

動画の編集は楽しかったし、見てくれる人のためにも頑張ろうと思った 。

 

あの時のコメントが心の支えだった。

 

今も変わらない。

 

一人で没頭できるあの時間がとても好きだ。

 

そして時間はあっという間に過ぎ、家に帰った…

 

f:id:D7dZo181:20201113121813j:plain

 

10月6日 夜

 

仕事を辞めた事を家族に正直に話した。(姉には話をしていない)

 

高校の友達みたいな感じになるかなと思ったが…

 

心配の声は微塵もなく、飛んできたのは怒号だった。

 

人格否定・尊敬する人を馬鹿にされる・お前には無理

 

言われた事は、今でもはっきりと憶えてる 。

 

1年前の事なのにどうしてこんなに覚えてるのか自分でも不思議だ。

 

悲しみよりも出てくるのは笑いだった。

 

もうこの家にはいれないと思い、家を出ることにした。

 

車に荷物をまとめ家を出た時、

 

言われた一言

 

「お前がいない事で清々するわ」

 

もう笑うしかなかった。

 

ここからホームレス生活が始まった。

 

全て自業自得である。

 

だが後悔はしていない。

 

マックの駐車場で、

 

高校の友達・後輩・大学の友達・アルバイト先の人

 

仲が良かったと思っていた人に連絡した。

 

唯一話を聞いてくれたのは高校の友達・後輩だけだった。

 

それ以外の人からは思ってもいないことを言われた。

 

笑いながら泣いた。

 

自分は頭がおかしいんだと自覚した。

 

自分は狂っているんだと自覚した。

 

他人に期待してはいけないと自覚した。

 

自分は人とは違う道を進むと決意した。

 

会社に勤めなくても自分の力で稼いでやると決意した。

 

真っ当に生きるより、自分らしく狂って生きようと心から誓った。

 

この日を境に自分の人生が変わりました。

 

 

f:id:D7dZo181:20201012103429j:plain

 

とまあこんな感じです。笑

 

10月7日以降のエピソードもありますが、今回はここまでにしておきます。

 

もし読みたいという方がいればコメント下さい。

 

というわけでこれからも、自分らしく狂って生きて行こうと思います。

 

最後になりますが、

 

今仕事を辞めたいと思っている方・精神的に仕事が辛い方、

 

思い切って辞めても大丈夫です。

 

心が壊れる前に仕事を辞めてゆっくりして下さい。

 

まだ間に合います。

 

今自殺しようと思ってる方、死ぬのはまだ早いのです 。

 

・ホームレス

 

・車を手放したけど残った100万円のローン

 

・借したけど返ってこないお金

 

・信じていた人に裏切られる

 

こんな底辺でも、自殺せずなんとか生きようとしてました…

 

生きてれば楽しいこともたくさんあります。

 

自分の気持ちに向き合って、正直に生きてみてください。

 

おしまい

 

f:id:D7dZo181:20201013130131j:plain

 

ジャージのYouTubeチャンネル登録お願いします

 

www.youtube.com