ジャージおじさんのブログ

自分の人生や考え方・ゼルダの伝説の記事を書いております。

「正しい」「間違い」はその人にしか分からない

f:id:D7dZo181:20210822223728j:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです。

 

今日は、

 

「正しい・間違いはその人にしか分からない」

 

といったテーマでお話ししていきます。

 

結論はありませんが、

 

経験談をもとに話すので、興味がある方は読んでください。

 

f:id:D7dZo181:20210822224031j:plain

 

学生時代に喫茶店でアルバイトをしていた時、

 

年配の夫婦・隣のお店のスタッフ・大学生・会社の経営者

 

たくさんのお客様と話す機会がありました。

 

お客様と話す際は、

 

「その考え方は正しくて、その考え方は間違っている」

 

とできるだけ断定しないように心がけていました。

 

なぜなら、それを決めるのは、話をしている相手だからです。

 

「その考え間違いじゃね?」

 

と思う事もありましたが、何が正しくて、何が間違っているかは、

 

「相手自身」が決めることであって、僕が決めることではありません。

 

その人なりの正しさがあるからこそ、なぜそう考えるのかと興味がわき、

 

否定せずじっくりと話を聞いていました。

 

また、正しい・間違っているの2択だけしかないと、

 

捉えないようにする事も大事です。

 

f:id:D7dZo181:20210822230102j:plain

 

例えば、1クラスに40人生徒がいれば、

 

そこには、40通りの考え方や想いがあります。

 

40通りの幸せの捉え方もあるので、

 

40通りの捉え方を正しい・間違いと判断することは難しいです。

 

10代20代の内は、とにかく何に対しても批判的になりがちで、

 

誰かと会って話をしてみると、

 

「あの人のこういった所が間違っている」

 

と判断してしまうものです。

 

僕は中学時代、親・学校の先生・塾の先生に対し、

 

「自分の考えが正しくて、周りの大人の言っている事が間違っている」

 

と思っていました。

 

この時は、彼らなりの「正しさ」を理解できていませんでした。

 

相手が話したことを一度受け止めた上で、

 

じっくりと考えてみる事が大切と今は思います。

 

f:id:D7dZo181:20210822230601j:plain

 

 

周りから、

 

「あいつは人と違う生き方をしてるから間違っている」

 

と言われる人がいても、実際に話をしてみて、

 

「他人の意見よりも自分がどう思うか」

 

と自分なりの見解を持つ事が大切と思います。

 

「正しい」「間違い」はその人にしか分かりません。

 

自分にとって、その人がどれだけ印象に残った人だったのか、

 

あるいは、印象が薄かった人なのか。

 

もし印象に残ったのであれば、しっかりと記憶しておくこと。

 

その人の生き方を真似したいと思える事で、

 

自分の生き方や夢を見つける「出会い」になるかもしれません 。

 

おしまい。

 

f:id:D7dZo181:20210822231252j:plain

 

まとめ

 

「正しい」「間違い」はその人にしか分からない

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com

 

 人生を変えた本