ジャージおじさんのブログ

自分の人生や考え方・ゼルダの伝説の記事を書いております。

自分の居場所の見つけ方

f:id:D7dZo181:20210809221015j:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです。

 

今日は「自分の居場所の見つけ方といったテーマでお話ししていきます。

 

結論から言うと、

 

外交的・内向的か分かるだけでも、自分の居場所は見つけやすくなる」ものです。

 

経験談をもとに話すので、興味がある方は参考程度に読んでください。

 

f:id:D7dZo181:20210809221108j:plain

 

今働いている会社に居場所がないなら… 退職することをお勧めします。

 

しかし、だからといって働くこと自体を辞めてしまうと、

 

社会との繋がりが消えてしまいます。

 

社会との繋がりが消えても問題ない方は大丈夫ですが、

 

意外と社会と繋がっていない「空白の期間」が精神的にきついので、

 

何かしらの労働はした方がいいかもしれません…

 

動画編集、ブログなど新しいことを挑戦してみるのも面白いですよ。

 

それでも何もしたくない方は、

 

失業保険をもらいゆっくりしましょう!

 

f:id:D7dZo181:20210809221609j:plain

 

次の仕事を探す際は、自分の居場所を確保できる職種にしたいものです。

 

そのためには、自分に合った仕事を見つける必要があります。

 

・多くの人と会話したり、人前に立ち作業をする

 

・黙々と1人で作業する

 

どちらが得意ですか?

 

問題が起こった際に自分がとる行動として、

 

・同期や上司にすぐに相談しアドバイスをもらうか?

 

・分からないなりに一度Webで調べ自分なりの回答を出すか?

 

どちらが自分に合っていますか?

 

こういった考え方や性格から、

 

自分が「内向的」なのか「外交的」なのかを判断することができます。

 

人と話したり、他人と頻繁にやり取りを行えたり、賑やかな職場が好きな人は、

 

外交的な仕事が向いていると思います。

 

一人の時間が好きで、静かな環境を好み、黙々と作業をしたい人は、

 

内向的な仕事が向いていると思います。

 

f:id:D7dZo181:20210809222535j:plain

 

僕は内向的なので、動画編集やブログが向いていると思いますし、

 

1人で作業できるあの時間が好きです。

 

仕事はどちらかと言うと、外交的よりな仕事をしています。

 

人と話すのは好きですが、気を使いすぎる事もあり、

 

家に帰ってきた後はグッタリすることもありますが、

 

今の環境はそんなに苦ではないため、

 

自分の居場所としては良い所なのかもしれません。

 

 

内向的なのに、必要以上に他者と関わり、

 

少しも楽しいと思えない仕事をすると、

 

昔の僕のように精神的に参ってしまい、

 

何の成果も挙げられずに終わってしまう可能性があります。

 

「外交的」「内向的」か分かるだけでも、

 

自分の居場所は見つけやすくなるものです。

 

おしまい

 

f:id:D7dZo181:20210713215940j:plain

 

まとめ

 

「外交的・内向的か分かるだけでも、自分の居場所は見つけやすくなる」

 

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com