ジャージおじさんのブログ

自分の人生や考え方・ゼルダの伝説の記事を書いております。

逃げながら自分の居場所を探す

f:id:D7dZo181:20210808224714j:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです。

 

今日は「逃げながら自分の居場所を探す」といったテーマでお話ししていきます。

 

結論から言うと

 

人それぞれには居場所があります

 

自分に合った環境に身を置きましょう

 

経験を元に話すので、興味がある方は読んでみてください!

 

f:id:D7dZo181:20210808224921j:plain

 

「社会で成功者している人」と聞くと、

 

様々なことにチャレンジし、嫌な事にも立ち向かっている…

 

といった、イメージを持つ人がいるかもしれません。

 

しかし、成功者が全員嫌なことに、立ち向かっているわけではありません。

 

逃げている人もいます。

 

嫌なことに立ち向かうことも大切なことですが、

 

困難にぶつかった際は、僕は逃げてもいいと思っています。

 

人にはそれぞれ居場所があるものです。

 

もし、今その場所が自分にとって心地よくない場所ならば、

 

その場を離れ、自分のいるべき場所を探せば良いと思います。

 

f:id:D7dZo181:20210808225341j:plain

 

僕は設備設計という仕事から逃げたことがあります。

 

これは以前にもブログに書いた話ですが、

 

設備設計という職種は、僕にとっての居場所ではありませんでした。

 

設備設計の仕事が悪いとかいうわけではないので、

 

そこは勘違いしないでください。

 

そもそも僕は、パソコンの仕事は好きでしたが、職場の雰囲気が嫌いでした。

 

家族経営の会社だったため、昼休みに突然夫婦喧嘩が始まり困惑していました。

 

残業を強要されたり、帰ろうとすると呼び止められ、

 

突然はじまる説教。

 

仕事を覚えるため、教科書やソフトに触り練習したが、

 

「あんまり意味ないよ」と言われることもあり、

 

オフの日まで、会社の人と付き合わなければいけない会社の方針が嫌いでした。

 

誘いを断ると「最近の子はノリが悪いね」と言われ、

 

その後もネチネチと言われることが辛かったです。

 

仕事で分からないことがあり、聞いても教えてくれない。

 

逆に聞かなかったら怒られる。

 

そんな環境が僕は嫌いでした。

 

本当に何から何まで全く向いていなかったと思います。

 

この環境で頑張らなければと思い込み、仕事をしていました…

 

しかし、精神的にきつかった為、3ヶ月でリタイア。

 

リタイアしましたが、後悔は全くありません。

 

f:id:D7dZo181:20210808225818j:plain

 

辛い環境・自分に合わないと思った環境からは、逃げても大丈夫です。

 

精神が壊れる前に逃げましょう。

 

まじで…逃げたほうがいいと思います。

 

辛い環境で無理に頑張っていると、どんどん負のスパイラルに入り込んでしまいます。

 

その一方で、成果を出している人は楽しく働いています。

 

上司とも気が合い、えこひいきを受けていることもあります。

 

その光景を目の当たりにし、成果の上がらない人は余計に辛くなるだけです。

 

「なんかもうどうでもいいや」と本気で思えます。

 

このようなしんどい状況であるのならば、

 

そこはあなたの居場所ではありません。

 

今すぐ逃げましょう。

 

逃げて自分に適した環境を探しましょう。


居場所を探すコツもその内ブログに書く予定です。

おしまい。

 

f:id:D7dZo181:20210731222938j:plain

 

まとめ

 

人それぞれには居場所があります

 

自分に合った環境に身を置きましょう

 

おススメの本

 

 

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com