ジャージおじさんのブログ

自分の人生や考え方・ゼルダの伝説の記事を書いております。

社会人になると心許せる友達はできにくい

f:id:D7dZo181:20210731221401j:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです。

 

今日は「社会人になると心許せる友達はできにくい

 

と言ったテーマでお話していきます。

 

結論から言うと、

 

社会人になると心許せる友達はできにくいので、

 

 学生時代に仲がよかった友人を大切にすること

 

個人的な結論ですが、経験を元に話すので、興味がある方は読んでください。

 

f:id:D7dZo181:20210731221545j:plain

 

学生時代の友達を大切にしておくこと

 

学生時代の友人は、一緒にいることが当たり前だったため、

 

何も求めず心許せる友人が多いです。

 

 

自分を押し殺してまで気を使ったり、

 

遠慮する必要もありません。

 

いくら年をとっても、久しぶりに会った気がせず、

 

ありのままの自分で、話すことができます。

 

昔の話で馬鹿みたいに盛り上がり、あっという間に楽しい時間が過ぎ去るのが、

 

学生時代の友達です。

 

個人的に、高校の友達が一生の友達だと思いました。

 

これは個人的な意見なので、中学・大学が一生の友達と思う方もいると思うので、

 

聞き流してもらって大丈夫です。

 

f:id:D7dZo181:20210731221751j:plain

 

何気なく話したりできる友人は、

 

大人になるとなかなか出来ません。

 

社会人になると、嫌でもたくさんの「大人」と接しなければなりません。

 

そして、学生の頃のように自分で人を選んで付き合えなくなり、

 

人間関係に疲れる事もあります。

 

例え仲のいい同僚がいたとしても、仕事の話がメインになり、

 

愚痴で始まり愚痴で終わる」会話になる可能性もあります。

 

プライベートの事を話すと言いふらされたり、

 

めんどくさい絡みなどが増え、

 

心身ともに疲れる事も多々あります。

 

仲がいいと思っていた友人は会社を辞め、音信不通に…

 

必ずしもこんな人ばかりではないと思いますが、

 

社会人になって友人を作ることは、中々困難だと思います。

 

f:id:D7dZo181:20210731222544j:plain

 

社会に出ると、嫌いな上司や話の通じない相手とも、

 

付き合わなければなりません。

 

世の中には、年だけ重ね、口だけで何も行動できない「大人」がいます。

 

会話が成り立たないことも日常茶飯事で、つまらない会話でも作り笑いをしなけらば

 

ならない時もあります。

 

ですが、付き合いたくない人と接することで、

 

自分の気持ちに、向き合える機会もあります。

 

嫌いな人と接した事で、「嫌いな人への対処法」や「知らなかった自分の好み」を

 

発見できることもあります。

 

好きな人と付き合う事は、楽しいかもしれませんが、

 

嫌いな人と接することで、新しいヒントが見つかることもあるしれません。

 

f:id:D7dZo181:20210731222938j:plain

 

新社会人になった時は、

 

「なんでも話せる友人を作るぞ!」と意気込んでいましたが、

 

結局話は合わず、聞く話は愚痴ばかりで非常に楽しくなかった記憶があります。

 

社会に出てまで友人が欲しいかと言われると、

 

今はそうは思いません。

 

昔のことで馬鹿笑いでき、困ったら気兼ねなく相談に乗ってくれる、

 

学生時代の友人がいればそれでいいと思います。 

 

そして、自分が人生のどん底にいる時に、助けてくれる友人を大切にしましょう。

 

おしまい

 

f:id:D7dZo181:20210731223253j:plain

 

まとめ

 

「社会人になると心許せる友達はできにくいので、

 

 学生時代に仲がよかった友人を大切にすること」

 

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com

 

おすすめの本