ジャージおじさんのブログ

自分の人生や考え方・ゼルダの伝説の記事を書いております。

焦ってもいいことはない

f:id:D7dZo181:20210730103439j:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです。

 

今日は「焦ってもいいことはない」と言ったテーマでお話していきます。

 

僕なりの経験談をもとに話すので、

 

興味がある方は是非読んでください。

 

結論から言うと、

 

焦って出した答えの先に待っているのは後悔だけです

 

f:id:D7dZo181:20210730103658j:plain

 

焦ってもいいことはありません。

 

特に、物事が上手くいっていない時こそ、

 

早く成功したいと思い、焦りを感じ視野が狭くなってしまいます

 

そして、どうしても他人と比較してしまい、

 

心に余裕がなくなります。

 

コロナの関係で内定がなくなり、

 

焦りを感じ、転職活動をしたものの上手くいきませんでした。

 

「パソコンに触れる仕事だからここでいいだろう」

 

ぐらいな気持ちで転職した結果…

 

上手く馴染めず失敗し3か月で退職しました。

 

今でこそ分かりますが、

 

もう少し企業に質問したり、リサーチすべきだったと感じました。

 

f:id:D7dZo181:20210730104537j:plain

 

急いで出した答えの先に待っているのは、

 

後悔だけ」です。

 

急いで出した答えで、成功する人もいると思いますが、

 

ほんの一握りの方のみだと思います。

 

しかし、成功するタイミングを見極める事もとても難しいと思います。

 

何も準備をしてい状態で、思いっきり飛び出こんでも上手くいきません。

 

なので、大切なことは、

 

いつチャンスがきても掴めるように準備をしておくこと

 

だと思います。

 

必要書類の媒体を予め作成しておいたり、

 

気になっていた求人が入ればすぐにエントリーをしたり、

 

挑戦してみたいコンテストがあれば、すぐに送ってみたり

 

など…

 

気になったものが出た際、

 

「じゃあ今から準備するか」

 

ぐらいの気持ちだと、自分からチャンスを遠ざけてしまいます。

 

f:id:D7dZo181:20210730105014j:plain

 

 

就職や転職活動・新しい事に挑戦する際に、

 

決断を求められる事がたくさんあります。

 

20代の方なら分かる方も多いと思います。

 

タイミングを見極めるのは難しく、失敗することもあります。

 

失敗し不安になり、

 

「周りの人がう上手くっているにも関わらず、

 

 どうして自分だけ上手くいかないのだろう」

 

と感じてしまい、物事を冷静に判断できない時もあると思います。

 

 

初めに言いましたが、

 

焦って出した答えの先に待っているのは後悔だけ」です。

 

もし、このような焦る気持ちが出た際は、

 

このタイミングでいいのだろうか」ともう一度考え、

 

深く深呼吸し、もう一度自分がどうなりたいかを考えてみてください。

 

余談になりますが、

 

仕事を辞めてニートする事も大切な事だと思います。

 

色々と考える時間も作れますし、心も休まる休息になります。

 

気が向いたら再就職するとかで大丈夫ですよ。

 

おしまい。

 

まとめ

 

「焦って出した答えの先に待っているのは後悔だけ」

 

f:id:D7dZo181:20210730105131j:plain

 

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com

 

おすすめの本