ジャージおじさんのブログ

自分の人生や考え方・ゼルダの伝説の記事を書いております。

ジャブジャブ様のお腹のちょっとしたお話

f:id:D7dZo181:20210725210604p:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです。

 

今日は「じゃぶじゃぶ様のお腹」のちょっとしたお話です。

 

ルト姫と共同で謎を解く、難易度が高めのダンジョンとなっています。

 

このダンジョン内では、寄生虫のモンスターが数多く登場し、

 

ブーメランを手にするまで、敵を倒せず苦労したプレイヤーも多いと思います。

 

では今回もゴシップストーン君に聞いたじゃぶじゃぶ様の話をしていこう。

 

ゴシップストーンにこっそり聞いた話だが…

 

f:id:D7dZo181:20210725210842p:plain

 

清らかなゾーラの泉に住む守り神「ジャブジャブ様」の体内は少々生臭いらしい。

 

失礼なことを言って申し訳ないが…これは事実だ。

 

巨大な守り神は、食物をすぐに消化したり、

 

異物として排除しようとする性質は持ち合わせていない。

 

そのため、リンク君が体内に侵入しても消化されず歩いていられる。

 

来るものを拒まず、誰でも入ることができる体内だが、

 

ガノンおじさんが持ち込んだ「寄生生物」がじゃぶじゃぶ様の体内に繁殖している。

 

ガノンおじさんが、わざわざジャブジャブ様のお腹の中に、

 

「ビリ」や「バリ」を持ってきたと考えるとそれだけでも面白い。

 

清らかな環境で生きる「ジャブジャブ様」にとって、

 

体内に侵入した異物や寄生虫に対し免疫がないため、

 

外からの刺激には非常に弱いことが分かる。

 

f:id:D7dZo181:20210725211858p:plain

 

ジャブジャブ様のお腹は、体内とは思えないような作りになっており、

 

広く複雑に入り込んでいる。

 

例えるなら、迷宮のような体内である。

 

「壁」「床」「天井」全てがジャブジャブ様の内臓であると同時に、

 

剣で切りつけたり、飛び道具が内蔵に当たると、

 

内臓が痛みを感じ、細かく震え青い血が噴き出す。

 

「ぶよんぶよん」という効果音が聞きたいために、何度攻撃をしたことやら…

 

しかし、刺激を与えなければ開かない粘膜などもあるため、

 

攻撃をしなければいけない個所もある。

 

のどちんこ

 

f:id:D7dZo181:20210725212217p:plain

 

ジャブジャブ様の体内に入るため、口から突撃する。

 

奥へ進むのは簡単だが、口に戻ってくるには少々時間がかかってしまう。

 

これは「消化管」を想像するような構造になっているかららしい。

 

逆流を防ぐという機能を考えれば…仕方がない。

 

「人体の分野」を考慮しているダンジョンなので、寄生虫などのモンスターは

 

ジャブジャブ様のお腹にしか登場しない。

 

ルト姫は、幼少期ジャブジャブ様のお腹の中で何をして遊んだのだろうか?

 

個人的にとても気になる。

 

ちなみにこの「ルト姫」は64番では全裸で登場している。

 

コメント欄でメンズが嬉しそうな反応をしている。

 

その内の一人は我だ。

 

f:id:D7dZo181:20210725213434j:plain

 

というわけで今回は「ジャブジャブ様のお腹」でした!

 

子供時代の3ダンジョンのちょっとしたお話も終わったので、

 

次回からは大人時代のちょっとしたお話に突入します!

 

とか言いつつ子供時代の話を書くかもしれません。笑

 

それでも読んでいただけるとありがたいです!

おしまい

 

www.youtube.com

 

参考にした本

 

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com