ジャージおじさんのブログ

自分の人生や考え方・ゼルダの伝説の記事を書いております。

森の聖域のちょっとしたお話

f:id:D7dZo181:20210715222534p:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです。

 

今日は「森の聖域」のちょっとしたお話です。

 

以外に知らない内容があるかもしれないので、

 

是非読んでみてください!

 

それでは、行ってみましょう。

 

ゴシップストーンにこっそり聞いた話だが…

 

f:id:D7dZo181:20210715222752p:plain

 

知る人ぞ知る「迷いの森」を抜けた所にある、

 

森の神殿へ向かう道を森の聖域」と呼ぶらしい。

 

「場所」ではなく「道」がみそだ。

 

聖なる神殿にふさわしくない者が、

 

迂闊に近づかないように、

 

高い壁で上が見えないようになっていたり、

 

迷路状の構造になっているのが森の聖域の特徴と言えるだろう

 

f:id:D7dZo181:20210715224023p:plain

 

また、滅多に訪れる者がいないため、

 

野生のモンスター「オコリナッツ」がよく出没するそうだ。

 

種を飛ばしてくる赤いデクナッツだ。

 

森の神殿に行くまで骨が折れる…

 

迷路を抜けると、

 

長い一本道の山道が神殿へと続いている。

 

「16段の階段」と「32段の階段」で、

 

作られた参道の先には、

 

森の聖域の中心地である広場がある。

 

この森の聖域には、

 

ある少女が奏でる「メロディー」が流れている。

 

f:id:D7dZo181:20210715224841p:plain

 

オカリナ好きのあるコキリ族が、

 

神殿の手前で毎日のようにそのメロディーを奏でている。

 

それは「サリアの歌」だ。

 

メロディーはどこまでも響き渡り、

 

迷いの森全体に届き、

 

ゴロンシティにまでも響いている。

 

奏でる者がいなくても、

 

まるで森が覚えているように、

 

永遠にそのメロディーは流れ続けるのであろう。

 

幻想的な森の魅力の一つだ。

 

f:id:D7dZo181:20210715225501p:plain

 

というわけで「森の聖域」のちょっとしたお話でした!

 

階段の下りとか知らない人多いと思います。

 

こうした小ネタも今後紹介していくので、

 

是非楽しみにしておいてください!

 

では次のちょっとしたお話であいましょう!

 

おしり

 

www.youtube.com

 

ジャージのユーチューブチャンネル登録お願いします。

 

www.youtube.com

 

参考の本

 

 

おすすめの本

 

 

 

 

 

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com