ジャージおじさんのブログ

自分の人生や考え方・ゼルダの伝説の記事を書いております。

迷いの森のちょっとしたお話

f:id:D7dZo181:20210714205528p:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです。

 

今日のは「迷いの森」のちょっとしたお話です。

 

迷いの森は意外とホラー要素があるので、

 

とても印象に残っています。

 

それでは、行ってみましょう。

 

ゴシップストーンにこっそり聞いた話だが…

 

f:id:D7dZo181:20210714205900p:plain

 

ハイラルの東に位置する幻想の森林地帯。

 

それが「コキリの森」

 

その中でも、

 

最も幻想的な場所が、

 

迷いの森」とされています。

 

迷いの森は、

 

空間を歪めるように様々な場所と通じており、

 

デクナッツ」や「スタルキッド」などが生息しています。

 

漫画版のスタルキッド君は、

 

過去の記憶を思い出すことができません。

 

f:id:D7dZo181:20210714211209p:plain

 

迷いの森は、

 

コキリの森や森の聖域に繋がっており、

 

石の門に入ると、

 

岩石亜人が住む「ゴロンシティ」

 

地下水脈からに入ると…

 

ゾーラ川にたどり着くことができます。

 

ハイラル平原へ出るための吊り橋も、

 

コキリの森と迷いの森の一部にかけられています。

 

これは、

 

妖精たちが住むコキリの森を、

 

外の世界から守るように,


張り巡らされており、

 

結界のような役割を持っているらしいです。

 

f:id:D7dZo181:20210714210238p:plain

 

不用意に足を踏み入れた者に対し、

 

迷いの森はその者から方向感覚を奪い、

 

精神を追い詰めます。

 

そして、

 

森で彷徨う者を、

 

いつしか森が呑みこんでしまい、

 

スタルフォス」に変えてしまいます。

 

そう…あの密猟者のように。

 f:id:D7dZo181:20210714210751p:plain

 

ファドはこう言いました。

 

「みぃ~んな スタルフォス

 

「だからいないの。あのヒト」

 

これはとても記憶に残る言葉です…

 

f:id:D7dZo181:20210714210949p:plain

 

コキリの森に住むコキリ族にとっては、

 

迷いの森自体は楽しい遊び場です

 

道を知る者にとっては、

 

各地を旅する際に、

 

近道として利用することができます。

 

それ以外の「招かれざる客」にとっては、

 

危険極まりないない場所とされています。

 

「幻想と恐怖」によって自然の恵みを守り続けている森林地帯。

 

それが、迷いの森です。

 

f:id:D7dZo181:20210714211625p:plain

 

と言うわけで、今回は「迷いの森のちょっとしたお話」でした。

 

幻想的な雰囲気の裏に、こんなダークな設定があったとは…

やはりゼルダの伝説は面白いですね。

 

それでは、次回のちょっとしたお話でお会いしましょう!

 

おしり

 

www.youtube.com

 

 ジャージのYouTubeチャンネル登録お願いします。

 

www.youtube.com

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com

 

おすすめの本

 

 

参考の本