ジャージおじさんのブログ

自分の人生や考え方・ゼルダの伝説の記事を書いております。

男姓と思ってたら、実は女性だった話

 

f:id:D7dZo181:20210608220003j:plain

 

 こんにちは。

 

ジャージです。

 

今日は「男姓と思ってたら、実は女性だった」話をしていきます。

 

これは学生時代に、海外に行った際に起こった体験談です。

 

タイトルにも書かれていますが、

 

結論から言うと、

 

男姓と思って遊んでいたら実は女性でした。

 

 

f:id:D7dZo181:20210608220328j:plain

 

学生時代に短期留学(ほぼ旅行)をする機会があり、

 

40名程度で外国に行きました。

 

ホームステイではなく、

 

空きの一軒家を借りて5人で生活するという形で、

 

僕とO君・Y君・T君・H君(みにくくてすまん)

と共に生活をしました。

 

※O君とY君が後よく登場します。

 

そして、確か1週間ぐらい経った頃…

 

隣のお家の子供たちと仲良くなり、

 

Y君とO君と我で、よく遊ぶようになりました。

 

ごっこしたり、

 

ごっこしたり、

 

ごっこしたり

 

肩車したり、

 

一緒に騒いだりしていました。

 

Y君とO君は面倒見がよく、

 

子供たちがとても懐いてました。

 

ちなみに僕は砂をかけられ、みんなから笑われてました。

 

なんで?笑

 

子供と仲良くなったことで、そこの家族とも仲良くなり、

 

一緒にご飯を食べる機会などもありました。

 

留学したにも関わらず、

 

よくわからない英語を使い、

 

一生懸命ジェスチャーをして、

 

想いを伝えようとしていました…

 

そんな状況にも関わらず、とても優しく接してくれたので、

 

滅茶苦茶いい人たちでした。

 

f:id:D7dZo181:20210608221109j:plain

 

 

そして数日後…

 

いつものように子供たちと遊んでいると、

 

見慣れない青年(15~16歳ぐらい)がいました。

 

僕とY君とO君は、

 

「誰だろう?」

 

と思い顔を見合わせました。

 

とりあえず、よくわからんかったので無視して、

 

子供たちと遊び続けてました。笑

 

すると、その青年も混ざり、何か知らんけど一緒に鬼ごっこしました。

 

遊び疲れた僕らは、

 

一度家に戻り休憩をしていた所、

 

青年も入ってきて一緒に休憩しました。

 

O君が、青年に水を上げると喜んでました。笑

 

その青年の姿を見た時、

 

「ピアスと赤いジャージが良く似合うな~」

 

「金髪似合ってるし、本当にかっこいいなー」

 

と思った記憶があります。

 

O君とY君が、青年と話している姿をみて、

 

「こいつらコミュニケーション能力高くすぎじゃね」

 

遊戯王の話してるのか~」

 

と思い、僕は1人用のソファーで休んでしました。

 

 

f:id:D7dZo181:20210608221354j:plain

 

天井をみてボケーっと休んでいると、

 

青年が、何故か僕の膝の上に乗ってきました。

 

「お!?」

 

と少し驚きましたが、

 

学生時代に、男友達がよく膝の上に乗ってきた事を思い出し、

 

普通に膝の上に乗った状態で話をしてました。(よくわからん会話)

 

青年が鼻歌を歌ったり、

 

膝の上でリズムを取ったり、

 

手を繋いできたので、

 

「可愛い奴だな~」

 

と思ってい微笑んでいました。

 

Y君とO君はその様子を見て笑っており、

 

夕方になったため青年は、お家に帰っていきました。

 

お家が川沿いにあったので、

 

夕日と川がとても綺麗なのを覚えています。

 

f:id:D7dZo181:20210602213723j:plain

 

 そしてその日の夜…

 

O君からある一言を言われました。

 

「ジャージ…今日来た青年…あれ女の子よ」

 

僕の思考は停止しました。

 

Y君は

 

「まじで気付いてなかったんか…お前らしいな」

 

と言われ笑われました。

 

Y君とO君は、青年…いやボーイッシュな…女の子…と、

 

初めから分かっていたみたいです。

 

今でもあの驚きを覚えています。

 

夜寝るとき、改めて女性だったのかと考えると、

 

ドキドキしました。

 

そんな中、隣のベットでゴロゴロしていたY君は、

 

遊戯王の「over lap」を歌っていました。

 

f:id:D7dZo181:20210608221950j:plain

 

翌日、女の子に真実を確認するために、

 

「Are you a girl?」

 

と合ってるか分からない英語で、

 

恐る恐る聞いみると…

 

「yes」

 

と笑顔で言われ、ジャージのファスナーをおろしました。

 

結論から言うと…本当に女性でした。

 

色々と恥ずかしかったですし、

 

人生で初めて、男性と女性を間違えた経験でした。

 

f:id:D7dZo181:20210608222105j:plain

 

というわけで今回の話は終わりです!

 

我ながら本当に驚いた体験でしたし、

 

いい意味で思い出に残っています!

 

みなさんもこういった体験があれば是非教えてください!

 

おしまい

 

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com