ジャージおじさんのブログ

自分の人生や考え方・ゼルダの伝説の記事を書いております。

デスマウンテン登山道のちょっとしたお話 ゼルダの伝説 時のオカリナ

 

f:id:D7dZo181:20210418120703p:plain

こんにちは。

 

ジャージです。

 

今日のは「デスマウンテン登山道」のちょっとしたお話です。

 

デスマウンテン登山道の名物と言えば、転がる岩とホーミングゴロン君ですね。

 

気付いたらぶつかっていたことが良くありました…

 

それでは、行ってみましょう!

 

ゴシップストーンにこっそり聞いた話だが…

 

f:id:D7dZo181:20210422092515p:plain

 

大きな坂道・複雑な崖・通り道を塞ぐ巨大な岩石など、

 

一般の登山者が進むには骨が折れる山道だが、

 

ドドンゴの洞窟・ゴロンシティー・山頂を目指す者は、

 

必ず通らなければならない、デスマウンテン勇逸の登山道。

 

登山の入り口はカカリコ村にあるが、

 

噴火を続けるデスマウンテンの入り口は、

 

ハイラル王家に管理されており、王家の許可がなければ立ち入る事ができない。

 

そのため、ハイラル王家に関係するアイテムが必要になる。

 

当然ながら、デスマウンテンに住むゴロン族は例外である。

 

f:id:D7dZo181:20210418120443p:plain

 

デスマウンテンでは、天然記念物として指定されている「爆弾花」が有名である。

 

この過激な植物は、大変危険とされたおり、

 

知識のないものは、手を出してはいけない決まりになっているそうだ。

 

爆弾花は非常に重く、力持ちのゴロン族でなければ、摘み取る事はできない…

 

かもしれない。

 

また、赤でデクタイトは、このデスマウンテンにしか生息していない生物であり、

 

登山道でも多く見受けられる。

 

デクタイト君は基本的に無視していい敵キャラだ。笑 

f:id:D7dZo181:20210422095655p:plain

 

夜の登山道から見る満月と、彼方に見下ろすカカリコ村の灯りは、

 

格別の眺めとされている。

 

頂上を目指すには、フリークライミングの技術が必要である程、

 

登る事が困難とされているが、ブレワイリンク君。

 

いや、厄災リンク君なら、なんなく登る事も可能であろう。

 

頂上付近は噴火による落石が激しく、登山道が9分目までしか作られていないため、

 

その頂上までは切り立った崖を登らなければならない。

 

落石は今もなお落ちてくるため、非常に危険だ。

 

登山者には、燃え尽きることのないㇵイリアの盾の携帯が推奨されている。

 

ちなみにバックで進むと落石をくらわず、簡単に進めるぞ。(小ネタ)

 

この山頂には「大妖精」や「ダイゴロン」など、大きなもの達も住んでいるらしい。

 

f:id:D7dZo181:20210422101149p:plain

 

と言うわけで、今回は「デスマウンテン登山道のちょっとしたお話」でした。

 

初めて山頂に行こうとした時は、何度死にかけたことやら…

それでは、次回のちょっとしたお話でお会いしましょう!

 

バイバイ

 

ブログの参考にした本

 

 

 

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com

 

 

www.youtube.com