ジャージおじさんのブログ

自分の人生や考え方・ゼルダの伝説の記事を書いております。

ハイラル平原のちょっとしたお話 ゼルダの伝説 時のオカリナ

ゼルダの伝説f:id:D7dZo181:20210405214825p:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです。

 

今日の内容は「ハイラル平原のちょっとしたお話」です。

 

興味がある方は是非読んでみてください!

 

f:id:D7dZo181:20210405214858p:plain

 

ほとんどのシリーズに登場する、ゼルダの伝説の象徴ともされているフィールド。

 

それがハイラル平原です。

 

広大なハイラル平原には、それぞれ大きな森や町が存在しています。

 

簡潔に「どこになにがあるか」をまとめました!

 

・東 妖精が住む森林地帯コキリの森

 

・西 広大な砂漠が広がるゲルドの里

 

・南 広大な湖が広がるㇵイリア湖

 

・北 人々が賑わうハイラル城下町

   未来を担う王妃が存在するハイラル

 

・北東 トラウマ要素がつまったのんびりとしたカカリコ村

    王家の唄を知る者のみ入れるゾーラの里

    石を食す亜人達が生息するゴロンの里

    噴火活動が活発なデスマウンテン

 

・中央 時間を忘れるほどのどかなロンロン牧場

 

f:id:D7dZo181:20210405215212p:plain

 

広大な平原には、樹木が立ち並び、川が流れ、登りゆく輝ける太陽

 

どこまでも続く広い風景を、目の当たりにします。

 

「平原は、ハイラルに生き、ハイラルに死した者全てを受け入れる母なる大地」

 

と言われています。

 

ハイラル平原は全てを受け入れてくれる、素晴らしい大地です。

 

f:id:D7dZo181:20210405215611p:plain

 

しかし…

 

野犬の遠吠えで夜を迎えると、夜の平原は「死者の楽園」と変化します。

 

死んだ者がこの世に蘇り、夜を楽しみます。

 

そのため、大量のスタルベビーが暴れまわります。

 

この時、うさずきんを被っていると、スタルベビー君は出てきません。(小ネタ)

 

時代に応じた形をとる、死者の魂が踊りあかす、夜間の平原を歩くことは、

 

自分も死者の仲間になる可能性がある

 

という大きな危険を伴うことを、肝に銘じておかなければなりません。

 

様々な人々を無条件に受け入れる城下町でさえ、夜間は閉門しあらゆる生き物の

 

出入りを禁止しています。

 

f:id:D7dZo181:20210405220222p:plain

 

ハイラル平原は、全てを受け入れてくれますが、

 

昼と夜の2つの顔を持っていることを、覚えておく必要があります。

 

商売のため縦横断する者は、夜の危険を回避するため、途中の森や町で危険を凌ぐ。

 

昼夜問わず、自分の技量や度胸試しをする者にとっては、その危険が生き様の一つに

 

なっていることもあるそうです。

 

ランニングマ…

 

おっと。誰か来たようだ。

 

f:id:D7dZo181:20210405220637p:plain

 

と言うわけで、今回は「ハイラル平原のちょっとしたお話」でした。

 

少しでも、面白かったと思って頂けたら幸いです

それでは、次回のちょっとしたお話でお会いしましょう!

 

バイバイ

 

ブログの参考にした本

 

 

 

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com