ジャージおじさんのブログ

自分の人生や考え方・ゼルダの伝説の記事を書いております。

デクの木様のちょっとしたお話 ゼルダの伝説 時のオカリナ

f:id:D7dZo181:20201230090311j:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです。

 

本日から「ゼルダの伝説 時のオカリナ ちょっとしたお話」を、

 

テーマにブログを書いていきます。

 

内容として、時のオカリナのキャラクターや、ダンジョンなどの

 

みんなが知らないような、設定や話をしていく予定です。

 

もし、知っていても何もいわず、読んでいただけるとありがたいです。

 

この記事はこの本を参考にしております。

 

 

では、今回は「デクの木様」のちょっとしたお話をしていきます。

 

デクの木様はコキリ族の守り神です。

 

豊富な知識と寛大な心を持っており、

 

シリーズごとに、敵に寄生されて困っている姿が、

 

とても魅力的なキャラクターです。笑

f:id:D7dZo181:20210403094500j:plain

ワシがデクの木じゃ

冗談はさておき、コキリ族の少年少女は、このデクの木様から生まれます。

 

また、コキリの森に「白い丸い光」がふわふわと飛んでいますが、

 

あれはデクの葉から、雫のように生まれ落ちる「羽のない妖精」だそうです。

 

f:id:D7dZo181:20210403102356p:plain

輝いている白い丸は羽のない妖精

 

いわばデクの木様は、守り神でもあり、コキリ族・妖精の母体とも捉えられます。

 

その母体の中身は、まさかの空洞でありますが、

 

コキリ族にとっては安らぎの場であり、みんなで楽しめる遊び場

 

でもありました。

 

デクの木様の要請により、ハシゴや通路や燭台が、設置されているそうです。

 

f:id:D7dZo181:20210403100611p:plain

 

これは驚きなのですが、デクの木様の内部にある燭台の炎で、

 

デクの木様が燃えることはないそうです。

 

僕は何度燃やそうと思ったことやら…

 

そのため、年に一度、コキリ族はデクの木様の中を、大掃除していたみたいです。

 

f:id:D7dZo181:20210403100336p:plain

 

しかし、憩いの場所(デクの木様の中)が、ガノンおじさんの手によって、

 

魔物が住む危険な場所になってしまいました…

 

・大量のデクババ君

 

・大きなスタルチュラ君

 

・ゴーマ君の気持ち悪い子供

 

などがしれっと住み始め、精霊石コキリのヒスイ」を血眼になって探しています

 

f:id:D7dZo181:20210403101015p:plain

 

そのためデクの木様の内部は、敵に食べられたり、削られたため、

 

少しずつ広がっていきました。(漫画参照)

 

今までは、デクの木様の中に自由に出入りできたため、

 

遊び道具を隠していましたが、おじさんの呪いを受けたデクの木様は、

 

危険を考慮し、コキリ族が勝手に入らぬよう大きな口を閉じ、

 

コキリ族の出入りを禁止しました…

 

だから、あの宝箱の中には、遊びに使っていたおもちゃ「パチンコ」があるそうです。

 

f:id:D7dZo181:20210403101836p:plain

 

様々な敵・通れない蜘蛛の巣・数々の罠の存在が、デクの木様の中を、

 

複雑な構造にしてしまいました…

 

混沌とした、デクの木様の内部は、まるでこれから起こるハイラルの闇を

 

表現している「不安さ」を、連想させる作りになっているそうです。

 

f:id:D7dZo181:20210403102146p:plain

 

というわけで、今回の「デクの木様のちょっとしたお話」はこれでおしまいです。

 

こういった内容を書いていくので、興味がある方は是非読んでください!

 

「こういう設定があったのか!」

 

「デクの木様の事知らなかったから、読んでいて楽しかった!」

 

時のオカリナをもう一度してみたい!」

 

など思って頂ければ、個人的には幸いです!

 

それでは、次回の時のオカリナの記事でまた会いましょう!

 

バイバイ!

 

時のオカリナに興味を持った方は、是非見てください!(声は入れていません)

 

www.youtube.com

 

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com