ジャージおじさんのブログ

自分の人生や考え方・ゼルダの伝説の記事を書いております。

助けてくれる友達

助けてくれる友達

f:id:D7dZo181:20201030151939j:plain

こんにちは。


ジャージです。


今日は「助けてくれる友達」といったテーマでお話ししていきます。

 

f:id:D7dZo181:20201030152117j:plain


結論から言うと「助けてくれる友達」は本当に大事にしようと思いました。


僕は10月に仕事を辞め、家を飛び出し人生を迷走していました。


全て自己責任ですが、仕事を辞め家を飛び出し、良かったと思える自分もいます。


これからは必要最低限のお金を稼ぎ、フリーランスとして生きていこうと決めました。


今はこんな感じですが、2020年の10月の頭から半ばごろまでは多分人生で一番落ち込みした。(今は大丈夫)

f:id:D7dZo181:20201030152727j:plain

気丈にふるまっていましたが、なんとなく上手く笑えなかったです。

 

以前友達に「顔で笑って心で泣くタイプだね」と言われ「あー」となりました。


そして、車中泊もしていましたが、1人が好きなはずなのにどことなく寂しさも感じました。


落ち込んだ時って、改善方法も見失うので自分を見失うものですね。


負の連鎖まではいかないと思いますが、例えで言うとこれが一番しっくりきます。


僕は悩んだので、色々な人に相談をしました。


「あの人なら話を聞いてくれる」


「あの人ならわかってくれる」


僕はそう思っていました。

f:id:D7dZo181:20201030153112j:plain
しかし、半分は正解半分は間違いでした。


ただ僕は話を聞いてほしかっただけなのに、

 

・聞いてもいない自分の意見を述べ思ったことを口にする


・自分の想いを押し付けて、認めないと文句を言う


・過去の体験を美徳化し、辞めること逃げることは根性が足りないと言う


・君のために言っているんだよと聞いてもいないことを言う

 

・お金はどうするの?

 

僕の心配よりも、自分の思った感情をぶつけられました。

 

言われたことは間違いではないですが、言われたときは非常に辛かったです。

 

何となくですが、人間の本質が見えた気がします。


他人に期待をしていた自分もいましたが、もうどうでもよくなりました。


家族から・周りの人から言われた時、自然と笑いが出てきました


自分でも何で笑っているのか分かりません。


落ちるところまで落ちたからかなとも考えました。

 

f:id:D7dZo181:20201030153947p:plain


そんな悲観の中、高校時代の友達・後輩は違いました。


いつも遊んでいるグループの高校時代の男友達3人。(8年間遊んでいます)
R・S君

真剣に話を聞いてくれて
「居場所がないなら俺ん家とまりこいよ!」
「やめてよかった!次があるから気にすんな!」
「お前なら大丈夫!昔からお前のこと知っとるけんな!」
フリーランスでダメやったら仕事すればいいだけやし」

 

否定はせず肯定してくれる。


居場所を作ってくれる。


たまに説教されるけど、くだらないことで笑いあえ助けてくれる。

 

欲しかった言葉をかけてもらえ救われました。


本当にいい友達です。(その内イニシャルの友達のこともブログに書きます)


この友達は学生時代、僕が恋愛で悩んでいた時、夜の23時にガストに集まってくれ話を聞いてくれるほどいい友達です。

しかもみんな顔かっこいい。


1人ポチャリしたのがいるんですが、清潔感があり痩せたらかっこ良くなります。


話は戻りますが、僕は嬉しくて本当に泣きました。


居候先にまで来てくれて…


本当にありがとう。


お前らが困ったてら必ず助ける。

 

f:id:D7dZo181:20201030154240j:plain

アルバイト時代の後輩のMちゃん。


何も言わず、ただひたすらに僕の話を聞いてくれました。


「ジャージさんがそれでいいなら私はそれを応援します」
「身体には気をつけてください」


僕よりもずっと大人な後輩と話、声を聴け励まされました。

 

僕は自分のしたいことを貫こうと再確認できました。


この友人以外にも、小学生時代のT君・社会人時代に仲が良かった家族・現在居候させてもらっているじいちゃんがいます。

 

この人たちの話もいつかブログに書きます。

f:id:D7dZo181:20201030155000j:plain


この短期間で色々な人を見れて本当に良かったです。


腐りはしなかったのは、友達がいてくれたおかげと心から思います。


僕はたくさんの人に支えられ生きていられています。


その友達達を見て、困っている時に、救いの手を差し伸べれる人間になりたいと思いました。


そして、人には優しくしようとも改めて思えました。


もし、その友達が人生で困ったら必ず助けます。


おしまい。

 

f:id:D7dZo181:20201030155116j:plain

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com