ジャージおじさんのブログ

自分の人生や考え方・ゼルダの伝説の記事を書いております。

「正しい」「間違い」はその人にしか分からない

f:id:D7dZo181:20210822223728j:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです。

 

今日は、

 

「正しい・間違いはその人にしか分からない」

 

といったテーマでお話ししていきます。

 

結論はありませんが、

 

経験談をもとに話すので、興味がある方は読んでください。

 

f:id:D7dZo181:20210822224031j:plain

 

学生時代に喫茶店でアルバイトをしていた時、

 

年配の夫婦・隣のお店のスタッフ・大学生・会社の経営者

 

たくさんのお客様と話す機会がありました。

 

お客様と話す際は、

 

「その考え方は正しくて、その考え方は間違っている」

 

とできるだけ断定しないように心がけていました。

 

なぜなら、それを決めるのは、話をしている相手だからです。

 

「その考え間違いじゃね?」

 

と思う事もありましたが、何が正しくて、何が間違っているかは、

 

「相手自身」が決めることであって、僕が決めることではありません。

 

その人なりの正しさがあるからこそ、なぜそう考えるのかと興味がわき、

 

否定せずじっくりと話を聞いていました。

 

また、正しい・間違っているの2択だけしかないと、

 

捉えないようにする事も大事です。

 

f:id:D7dZo181:20210822230102j:plain

 

例えば、1クラスに40人生徒がいれば、

 

そこには、40通りの考え方や想いがあります。

 

40通りの幸せの捉え方もあるので、

 

40通りの捉え方を正しい・間違いと判断することは難しいです。

 

10代20代の内は、とにかく何に対しても批判的になりがちで、

 

誰かと会って話をしてみると、

 

「あの人のこういった所が間違っている」

 

と判断してしまうものです。

 

僕は中学時代、親・学校の先生・塾の先生に対し、

 

「自分の考えが正しくて、周りの大人の言っている事が間違っている」

 

と思っていました。

 

この時は、彼らなりの「正しさ」を理解できていませんでした。

 

相手が話したことを一度受け止めた上で、

 

じっくりと考えてみる事が大切と今は思います。

 

f:id:D7dZo181:20210822230601j:plain

 

 

周りから、

 

「あいつは人と違う生き方をしてるから間違っている」

 

と言われる人がいても、実際に話をしてみて、

 

「他人の意見よりも自分がどう思うか」

 

と自分なりの見解を持つ事が大切と思います。

 

「正しい」「間違い」はその人にしか分かりません。

 

自分にとって、その人がどれだけ印象に残った人だったのか、

 

あるいは、印象が薄かった人なのか。

 

もし印象に残ったのであれば、しっかりと記憶しておくこと。

 

その人の生き方を真似したいと思える事で、

 

自分の生き方や夢を見つける「出会い」になるかもしれません 。

 

おしまい。

 

f:id:D7dZo181:20210822231252j:plain

 

まとめ

 

「正しい」「間違い」はその人にしか分からない

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com

 

 人生を変えた本

 

 

 

 

 

読書をすることで将来が変化する

f:id:D7dZo181:20210820213026j:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです。

 

今日は「読書をすることで将来が変化する

 

といったテーマでお話ししていきます

 

結論から言うと、

 

読書をすることで、先人たちの経験・生き方・考え方を学べることができ、

 

 自分の中の価値観を変えることができます

 

個人的な結論なので、必ずしもこの結論が正しいわけではありません。

 

経験談をもとに話すので、興味がある方は読んでください。

 

f:id:D7dZo181:20210820213234j:plain

 

周囲の大人達は、

 

「本は読もうとは思わない」

 

「本を読んでも人生は変わらない」

 

「時間があれば本を読む」

 

と呟く方が多いです。

 

人生を変えるきっかけは、 なかなか起こり得るものではありません。

 

例えば、

 

・自分の家族が病気で亡くなった時

 

・自分を変えようと思い様々なことに挑戦した時

 

・旅をした際世界の文化に触れ価値観が変わった時

 

 ・自分が病気になった時

 

こういった事があった際、人生を変えるきっかけになると思います。

 

f:id:D7dZo181:20210820213624j:plain

 

僕の場合は、

 

YouTubeでこんな生き方があるんだと知り自分にもできそうと思った時

 

②仕事を辞めて家を飛び出した時

 

③本を読んで知識や考え方を得た時

 

この3つが自分の人生を変えるきっかけになりました。

 

①マナブさんの YouTubetチャンネルを見た時、

 

「こんな生き方があるんだ」と知り、

 

動画をたくさん見た結果…

 

自分の中の考え方が180度変わり、自分にもできる事があると思い、

 

様々な事に挑戦してみました。

 

成果が出ない物や、芽が出るまで時間がかかった物もありました。

 

辛いこともたくさんありましたが、それでも自分で選んだ選択なので、

 

挑戦していたこと自体はとても楽しかったです。

 

②そして、仕事を辞めて家を飛び出した時です。

 

「必ず自分の手で稼いで1人で生きていくんだ」

 

と心から誓いました。

 

このあたりから本にはヒントがたくさん書かれていることに気づき、

 

読書をするようになりました。

 

③最後に、本を読んで知識や考え方を得た時です。

 

本は先人達の体験が詰まっており、

 

似たような事で悩んだ経験・考え方・解決方法がたくさん書いてありました。

 

本を読んだ事で、学んだことを日常生活でも生かせるようになり、

 

自分や他人に対しての考え方・価値観が変わりました。

 

自分は自分 他人は他人

 

無責任に聞こえるかもしれませんが、他人は変えられないですし、

 

よっぽどの事がない限り、他人は自分の事を助けてもくれません。

 

f:id:D7dZo181:20210820214308j:plain

 

様々な本を読みましたが、

 

「自分にとって合う本」「合わない本」も、

 

もちろんありました。

 

合わない本でも話のネタにはなりますし、

 

それにかかった時間とお金は無駄ではなかったと思います。

 

20代前半から本を読み出し、今でも人生に変化をもたらしてくれた本は、

 

はっきりと覚えています。(最後紹介します)

 

そういう意味では、自分の人生を大きく変える「」に出会えた事は、

 

とても貴重なことだと思います。

 

本を読んで人生が変わるかと聞かれると、

 

100%変わるとは答えられませんが、

 

人生を変えるためのヒントはたくさん詰まっているはずです。

 

書かれているヒントをどう汲み取るかで、将来が変化していくと思います。

 

個人の経験談になりますが、自分の時間を確保しやすいのが若い内ですので、

 

興味を持った本は片っ端から読んでみることはオススメします。

 

もしかすると、ある本がきっかけで自分の考えが変わるかもしれません。

 

そして考えが変わった事で、

 

新しい行動に繋がるかもしれません。


おしまい。

f:id:D7dZo181:20210820214841j:plain

 

人生を変えた本

 

 

 

 

 

 

 

読んでみて分かりやすかった本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読んでみて難しかった本

 

 

 

 

 

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com

 

 

自分の中の好き嫌い

f:id:D7dZo181:20210818205420j:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです。

 

今日は「自分の中の好き嫌い」と言ってテーマでお話していきます。

 

結論から言うと、

 

自分の中の好き嫌いをはっきりしておくことで生きやすくなります

 

経験談を元に話すので興味がある方は読んでください。

 

f:id:D7dZo181:20210818210053j:plain

 

年齢が上がるにつれ、

 

心から好きだ」

 

と言う感情が薄れ、

 

「別にいいかな~」

 

と感情が変化していきます。

 

それは、年齢を重ねる毎に好き嫌いの感度が鈍るからです。

 

昔は、漫画が大好きで滅茶苦茶読んでいました。

 

ドラゴンボール

ボボボーボ・ボーボボ

幽遊白書

・他にも色々

 

今はそこまで漫画を読まなくなり、

 

「別に読まないなら読まないでもいいかな~」

 

と思うようになりました。

 

このように年を重ねる毎に好きという感情が薄れていき、

 

「別にいいかな~」と考えてしまうものです。

 

しかし、10代20代の時は、まだ好き嫌いの感覚を持っているはずです。

 

だから、その気持ちを確認しておきましょう。

 

f:id:D7dZo181:20210818210403j:plain

 

好き嫌いをなくしなさい

 

と両親や学校の先生から教わった方は多いはずです。

 

これに対して間違いの意見とは思いませんが、

 

個人的には嫌い事は嫌いでいいですし、

 

嫌いなことを無理してやらなくてもいいと思います。

 

なぜ嫌いなことを無理してやらなくていいかと言うと、

 

それが自分の幸福に影響するからです。

 

好きなことをして、

 

好きなものを食べ、

 

好きな時間を過ごす。

 

当たり前の事かもしれませんが、これだけで幸せになります。

 

しかし、嫌いな人と一緒にいたり無理に話したり、

 

嫌いな仕事をしたり、

 

嫌いな環境に居続けると辛すぎて病気になってしまいます。

 

僕は嫌いな環境に居て病気になりかけたことがありました。

 

だから、

 

「自分が何が好きなのか」

 

「何が嫌いなのか」

 

を分かっておくことは大切なことだと思います。

 

f:id:D7dZo181:20210818211020j:plain

 

「こんな人が好き」

 

「こんな生活が好き」

 

「こんな食べ物が好き」

 

「こんな環境が好き」

 

全てにおいて好き嫌いを感じてみましょう。

 

そして、どういう人生を生きたいのか考え組み立ててみましょう。

 

年齢を重ねることに趣味や考え方は変わるものですが、

 

それはその時に考えれば大丈夫です。

 

自分の中の好き嫌いをしっかりと感じてください 。

 

自分の中の好き嫌いをはっきりしておくことで生きやすくなると思います。

 

おしまい。

 

f:id:D7dZo181:20210818210736j:plain

 

まとめ

 

自分の中の好き嫌いをはっきりしておくことで生きやすくなります

 

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com

 

おススメの本

 

 

 

 

できないという人は無視して大丈夫

 

f:id:D7dZo181:20210813224812j:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです。

 

今日は「できないという人は無視して大丈夫

 

といったテーマでお話ししていきます。

 

結論から言うと、

 

新しいことに挑戦する時は必ず反対されるものです


できないと言う意見は無視して思い切って挑戦してみましょう

経験談を元に話すので、興味がある方は読んでください。

 

f:id:D7dZo181:20210813224936j:plain

 

できない

 

それを決めるのは自分次第です。

 

周りが決める事ではありません。

 

周りに言われた通りにやって失敗したら後悔しますが、

 

自分の思う通りにやって失敗したら納得できます。

 

落ち込むかもしれませんが、その経験は必ず今後の自分に活かされます。

 

もし、周りに「できない」いう人がいたら、

 

その人がやろうとしていないだけなので、気にせず無視しておきましょう。

 

仮に上手くいかなかったとしても、

 

やってみたことで学べることがたくさんあります。

 

「やってみてけどダメだった」と感じるのと、

 

「やる前からダメだろう」と思うのでは、

 

全くと言っていいほど違います。

 

f:id:D7dZo181:20210813225703j:plain

 

「多数決」があるように、

 

みんな好き好みがある中で、

 

全員から賛成をもらうことは難しいものです。

 

僕が設備設計を辞めて、youtuberとブロガーをを目指した際、

 

多くの人から、

 

「成功できるわけがない」

 

「お前には無理だ」

 

と言われました。

 

しかし、それでも、

 

「熱い展開だな 応援してるぞ!」

 

「いつでも相談してね 困ったらまじで頼って!」

 

と言われもしました。

 

色んな事も言われましたが、それでも自分はこの道でやって行くんだと思い、

 

動画編集とブログを続けました。

 

絶望していた僕を応援してくれた友達と、

 

初期からずっと見てくれコメントをくださっていたファンの方が、

 

背中を押し続けてくれたお陰で、ここまで来ることができました。

 

この経験から、

 

新しいことに挑戦する時は必ず反対されるもの

 

であることを学びました。

 

あらかじめ、新しいことに挑戦するときは反対されると思っておくことで、

 

挑戦しやすくなります。

 

できないと言う意見は無視して思い切って挑戦してみましょう。

 

何か言われても、

 

「うるせー!黙って見とけ!うんこ!」と思っておきましょう。

 

そして、応援してくれる人を大切にしましょう。

 

おしまい 

 

f:id:D7dZo181:20210813231038j:plain

 

まとめ

 

新しいことに挑戦する時は必ず反対されるものです


できないと言う意見は無視して思い切って挑戦してみましょう

 

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com

 

 

視野を広げるとヒントが落ちている

f:id:D7dZo181:20210811223035j:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです。

 

今日は「視野を広げるとヒントが落ちている」と言ったテーマで、

 

お話していきます。

 

結論から言うと、

 

行き詰った時こそ、今までと違ったやり方を試してみたり、

 

 考え方を変えてみるとヒントを見つけやすくなる

 

経験談を元に話すので、興味がある方は読んでください。

 

f:id:D7dZo181:20210811223202j:plain

 

今見えているものが全てではありません。

 

物事が上手くいかない時、

 

忙しすぎて心に余裕がない時は、目の前の事にしか目を向けれず、

 

どうしても視野が狭くなってしまいます。

 

困難なことにぶつかると、

 

「どうして私だけが!?」

 

「なんで私ばっかり!?」

 

と思ってしまうことがあります。

 

解決策が分からず、行き詰ってしまう事もあり、

 

頭では分かっていても、いつもみたいな動きができない時もあります。

 

そんな時は、一度手を止め作業を中断しましょう。

 

僕が行き詰った時にしている事ですが、

 

例えば、外を歩いたり、仮眠したり、

 

何に行き詰まっているかを紙に書き出してみたり、

 

人と話をしたり、本を読んだりしています。

 

実際やってみると、思いもよらぬ所にヒントが落ちている事があります。

 

・外を歩くと、頭の中が整理され、アイディアが突然落ちてくることがある。

 

・仮眠をすると、頭がすっきりし問題に対しもう一度取り組める。

 突然、効率の良いやり方を思いつく事がある。

 

・行き詰った事を紙に書き出すと、物事を複雑に考えすぎていたと気づき、

 別の手段があることに気づけたりする。

 

・人と話すことで、違う視点から見た意見をもらえ、

 それがヒントに繋がり、考え方が変わる事もある。

 

・本を読むことで、自分が求めていた情報が手に入り、

 解決方法を学べる。

 

こうすることで、何となく心に余裕ができ、

 

考え方を見直すことができ、少し視野が広がります

 

f:id:D7dZo181:20210811223336j:plain

 

今までの結果は、今までの行動によってもたらされたものです。

 

 

以前、声ありの実況動画を3年間投稿していました。

 

ある時、動画を見直していた際、

 

「このままでは間違いなく伸びない」

 

「声だし実況向いていない」

 

と判断し、動画の方向性見を直しをジャンルを変えた所…結果が変わりました。

 

考え方や行動が変わることにより、結果が変わる可能性があります。

 

行き詰っている事があれば、今までと違ったやり方を試してみたり、

 

考え方を変えたりしてみましょう。

 

もしくは、これまでと違った環境に身を置いてみる事もいいかもしれません。

 

何よりも行動することで、考え方が変わり「ヒント」を拾いやすくなります。

 

視野が広がることで、

 

今までとは違う展開が待っているかもしれません。

 

おしまい

 

f:id:D7dZo181:20210811222910j:plain

 

まとめ

 

行き詰った時こそ、今までと違ったやり方を試してみたり、

 

 考え方を変えてみるとヒントを見つけやすくなる

 

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com

 

 おすすめの本

 

 

 

自分の居場所の見つけ方

f:id:D7dZo181:20210809221015j:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです。

 

今日は「自分の居場所の見つけ方といったテーマでお話ししていきます。

 

結論から言うと、

 

外交的・内向的か分かるだけでも、自分の居場所は見つけやすくなる」ものです。

 

経験談をもとに話すので、興味がある方は参考程度に読んでください。

 

f:id:D7dZo181:20210809221108j:plain

 

今働いている会社に居場所がないなら… 退職することをお勧めします。

 

しかし、だからといって働くこと自体を辞めてしまうと、

 

社会との繋がりが消えてしまいます。

 

社会との繋がりが消えても問題ない方は大丈夫ですが、

 

意外と社会と繋がっていない「空白の期間」が精神的にきついので、

 

何かしらの労働はした方がいいかもしれません…

 

動画編集、ブログなど新しいことを挑戦してみるのも面白いですよ。

 

それでも何もしたくない方は、

 

失業保険をもらいゆっくりしましょう!

 

f:id:D7dZo181:20210809221609j:plain

 

次の仕事を探す際は、自分の居場所を確保できる職種にしたいものです。

 

そのためには、自分に合った仕事を見つける必要があります。

 

・多くの人と会話したり、人前に立ち作業をする

 

・黙々と1人で作業する

 

どちらが得意ですか?

 

問題が起こった際に自分がとる行動として、

 

・同期や上司にすぐに相談しアドバイスをもらうか?

 

・分からないなりに一度Webで調べ自分なりの回答を出すか?

 

どちらが自分に合っていますか?

 

こういった考え方や性格から、

 

自分が「内向的」なのか「外交的」なのかを判断することができます。

 

人と話したり、他人と頻繁にやり取りを行えたり、賑やかな職場が好きな人は、

 

外交的な仕事が向いていると思います。

 

一人の時間が好きで、静かな環境を好み、黙々と作業をしたい人は、

 

内向的な仕事が向いていると思います。

 

f:id:D7dZo181:20210809222535j:plain

 

僕は内向的なので、動画編集やブログが向いていると思いますし、

 

1人で作業できるあの時間が好きです。

 

仕事はどちらかと言うと、外交的よりな仕事をしています。

 

人と話すのは好きですが、気を使いすぎる事もあり、

 

家に帰ってきた後はグッタリすることもありますが、

 

今の環境はそんなに苦ではないため、

 

自分の居場所としては良い所なのかもしれません。

 

 

内向的なのに、必要以上に他者と関わり、

 

少しも楽しいと思えない仕事をすると、

 

昔の僕のように精神的に参ってしまい、

 

何の成果も挙げられずに終わってしまう可能性があります。

 

「外交的」「内向的」か分かるだけでも、

 

自分の居場所は見つけやすくなるものです。

 

おしまい

 

f:id:D7dZo181:20210713215940j:plain

 

まとめ

 

「外交的・内向的か分かるだけでも、自分の居場所は見つけやすくなる」

 

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com

 

 

逃げながら自分の居場所を探す

f:id:D7dZo181:20210808224714j:plain

 

こんにちは。

 

ジャージです。

 

今日は「逃げながら自分の居場所を探す」といったテーマでお話ししていきます。

 

結論から言うと

 

人それぞれには居場所があります

 

自分に合った環境に身を置きましょう

 

経験を元に話すので、興味がある方は読んでみてください!

 

f:id:D7dZo181:20210808224921j:plain

 

「社会で成功者している人」と聞くと、

 

様々なことにチャレンジし、嫌な事にも立ち向かっている…

 

といった、イメージを持つ人がいるかもしれません。

 

しかし、成功者が全員嫌なことに、立ち向かっているわけではありません。

 

逃げている人もいます。

 

嫌なことに立ち向かうことも大切なことですが、

 

困難にぶつかった際は、僕は逃げてもいいと思っています。

 

人にはそれぞれ居場所があるものです。

 

もし、今その場所が自分にとって心地よくない場所ならば、

 

その場を離れ、自分のいるべき場所を探せば良いと思います。

 

f:id:D7dZo181:20210808225341j:plain

 

僕は設備設計という仕事から逃げたことがあります。

 

これは以前にもブログに書いた話ですが、

 

設備設計という職種は、僕にとっての居場所ではありませんでした。

 

設備設計の仕事が悪いとかいうわけではないので、

 

そこは勘違いしないでください。

 

そもそも僕は、パソコンの仕事は好きでしたが、職場の雰囲気が嫌いでした。

 

家族経営の会社だったため、昼休みに突然夫婦喧嘩が始まり困惑していました。

 

残業を強要されたり、帰ろうとすると呼び止められ、

 

突然はじまる説教。

 

仕事を覚えるため、教科書やソフトに触り練習したが、

 

「あんまり意味ないよ」と言われることもあり、

 

オフの日まで、会社の人と付き合わなければいけない会社の方針が嫌いでした。

 

誘いを断ると「最近の子はノリが悪いね」と言われ、

 

その後もネチネチと言われることが辛かったです。

 

仕事で分からないことがあり、聞いても教えてくれない。

 

逆に聞かなかったら怒られる。

 

そんな環境が僕は嫌いでした。

 

本当に何から何まで全く向いていなかったと思います。

 

この環境で頑張らなければと思い込み、仕事をしていました…

 

しかし、精神的にきつかった為、3ヶ月でリタイア。

 

リタイアしましたが、後悔は全くありません。

 

f:id:D7dZo181:20210808225818j:plain

 

辛い環境・自分に合わないと思った環境からは、逃げても大丈夫です。

 

精神が壊れる前に逃げましょう。

 

まじで…逃げたほうがいいと思います。

 

辛い環境で無理に頑張っていると、どんどん負のスパイラルに入り込んでしまいます。

 

その一方で、成果を出している人は楽しく働いています。

 

上司とも気が合い、えこひいきを受けていることもあります。

 

その光景を目の当たりにし、成果の上がらない人は余計に辛くなるだけです。

 

「なんかもうどうでもいいや」と本気で思えます。

 

このようなしんどい状況であるのならば、

 

そこはあなたの居場所ではありません。

 

今すぐ逃げましょう。

 

逃げて自分に適した環境を探しましょう。


居場所を探すコツもその内ブログに書く予定です。

おしまい。

 

f:id:D7dZo181:20210731222938j:plain

 

まとめ

 

人それぞれには居場所があります

 

自分に合った環境に身を置きましょう

 

おススメの本

 

 

 

d7dzo181.hatenablog.com

d7dzo181.hatenablog.com